君がいつか嫁ぐまで 

娘の成長・父の記録

娘2人(2歳と5カ月)を連れて神戸どうぶつ王国に行ってきました!パート2

神戸どうぶつ王国に来た目的のひとつ。それは『バードパフォーマンス』。

フクロウやオウム、ハリスホークなど、たくさんの鳥が私たちの目の前を飛び回る約30分のショー。

飼育員さんがワザと観客の数㎝頭上を飛ぶように誘導するため、ハリスホークが横切るときなんか、めちゃくちゃカッコいい。そして、鳥たちのことをおもしろく解説するのでイベントが盛り上がるのだ。

前回、はじめて見たときに魅了されてしまった!

なので、絶対に外せないメインイベント。「これを見ずして来た意味がないだろう」そんな私の逸る気持ちを知らないのか、嫁は「犬と戯れたい」と言って、イベント開始時間の5分前になっても移動しようとしない。

「はやく!急がんか」

私の急かす声でようやく動き、なんとか開始時間までに席に着くことができた。

さぁ、待ちに待ったメインイベント!鳥が飛び回りはじめるのを心躍らせ待っていたら、長女“せり”がジタバタと動き出した。

ジッと座っているのが嫌なのか、立ったり、座ったり、挙げ句の果てには席から離れて一人勝手に動き回りだした。さすがに一人で動き出すのは放置できないため、私が“せり”を連れ戻しに席を離れるが、横にいた嫁は静かに眠る次女“さや”を抱きしめながら、ショーに夢中だ。

“せり”はショーには興味がなく、別の場所に移動したいらしい。仕方がない、ショーを諦めることを決意し、嫁に「別の場所に行ってくる」と声をかけた。

「あっ、そう!気をつけて」

なんと素っ気ない。どんな想いで私が諦めているのかわかっているのか(怒)。

ここで怒っても仕方がない、静かに“せり”と移動したのだった。

 f:id:boofoo:20160229223605j:plain

やっぱり嫁が一番楽しんでいたようだ。

 

boofoo.hatenablog.com

 広告