君がいつか嫁ぐまで 

娘の成長・父の記録

叱る力ってむずかしい。NHK助けて!きわめびとを見た感想【後編】

2/13放送の後編を見た。正直、番組を見たあとモヤモヤしてしまった。

叱り力のノウハウを学び取ろうと見ていたが、結局、叱り力というものがわからなかったからだ。

そもそも夏まゆみ先生は「叱り方にノウハウはない」と言う。子ども一人ひとりの個性が違うのだから叱り方もそれぞれ異なるということだ。

ごもっとも!

そう言われると、その通りだと思う。

それぞれ異なる叱り方を見つけるには、子どもとしっかり向き合うことが大切なのだと。口に出して気持ちを言わない子どもでも、親なら察してあげるべきもの。そしてどんなタイミングでどんな言葉をかけてあげるのか、真剣に考えろということだ。日々の生活での雑事に振り回されて、仕事の忙しさにかまけて、子育てをサボっていないか自問自答した。

「叱り力」という言葉に釣られて、簡単にノウハウを手に入れようなんて甘い考えがいけなかった。

「叱り力」つまりは親の能力次第ということだ。

答えはないのだから、私自身が娘たちとどう接しているのか改めて見つめなおす機会になった。

そして私自身が「子どもに誇れる生き方を見せられるように、成長を続けないといけないな」と、ビール片手に誓ったのだった。

 

boofoo.hatenablog.com