君がいつか嫁ぐまで 

娘の成長・父の記録

娘2人(2歳と5カ月)を連れて東条湖おもちゃ王国に行ってきました!

おもちゃ大好きな長女“せり”を遊ばせてあげようと、家族でおもちゃ王国に行ってきた!次女“さや”はまだ5ヶ月なので遊ぶことはないが、親のわがままに付きあってもらうことにした。

私たちが行ってきた時期は2月の閑散期だったこともあり、人も少なくゆったりと遊ぶことができた。おもちゃ王国の目玉と言えば、その名のとおりおもちゃ。ママゴトのできるおもちゃがたくさんあり、りかちゃんハウスやシルバニアファミリーで遊ぶことができた。

“せり”はシルバニアファミリーがお気に入りらしく、小さな人形たちを家族に見立ててママゴト。何時間でも遊び続けられそうなくらい楽しんでいた!

それにおもちゃ王国には小さな子ども向けの遊具もあり、初めて親子で楽しむことができた。小さな観覧車だが、目をキラキラと輝かせながら「アレに乗りたい」と“せり”が走っていく姿は無邪気で見ているだけで癒された。

ただ、テンションMAXで観覧車に乗るところでハプニングが起きた。

嫁が“せり”を抱っこした状態で観覧車に乗ろうとしたところ、入口のドアで頭をぶつけてしまったのだ。それまでは目を輝かせていた“せり”が一気に涙目に。

おいおい嫁よ!楽しい思い出を壊さないでくれよ。

楽しみにして乗った観覧車、でも乗ってからは無口になってしまった。

あんなに目を輝かせていたのに。。。。

でも、退場口にあるおもちゃ売り場に行くとキラキラと目を輝かせた。

「アレほしい!コレほしい」

目に入るものすべてのおもちゃに食いつく“せり”。

機嫌がなおって良かったが、ここは無口で通り抜けてほしかった。