君がいつか嫁ぐまで 

娘の成長・父の記録

娘がギャグを真似する姿に成長を感じた話

長女“せり”はお風呂上りにパジャマを自分で着たがる。無理やり着せようとすると、「自分で、自分で」と駄々をこねる。
 
「じゃあ、自分で着ろよ」と、パジャマを渡すと着ない。裸のまま遊びだす。
 
「お風呂上りに湯冷めするといけないからはやく着なさい」と、きつく言い聞かせてようやく着始めたかと見ていると、オムツを膝のところまで上げて「穿いてますよ!」と、ドヤ顔。
 
テレビでよく見る、とにかく明るい安村の真似をする。
 
「まだ穿けてませんよ」と、つっこんであげるとゲラゲラと嬉しそう。最終的には無理やりパジャマを着せることになるのだが、飽きもせず、このくだりが毎日続く。
 
ギャグを真似る姿に成長したなぁ!と感慨深くなる反面、毎日付き合わされるのは勘弁して欲しいぞ、娘よ。f:id:boofoo:20160131211052j:plain