君がいつか嫁ぐまで 

娘の成長・父の記録

赤ちゃんは虫歯にならないの?パート2

虫歯菌について少し調べてみた!

どうやら虫歯菌が移るのは唾液かららしい。

そうなるとチューだけでなく、咳やくしゃみ、食事を取り分けるときの箸やスプーンにも注意が必要になってくる。

これは遅かれ早かれ虫歯菌は移ってしまうということだ。

問題はどのタイミングで移ったのか?

虫歯菌が移る年齢は遅ければ遅いほど良いみたいだ。

 

なぜ遅ければ遅いほど良いのか?

とてもわかりやすい例えで虫歯菌について説明しているサイトがあったので、

そこから抜粋して紹介。

 

~引用~ 

お口の中に、菌が座れるイスが1000席あるとします。

早い段階で、虫歯菌がうつる子はその1000席のなかで虫歯菌が200席座ってしまいます。遅い段階で虫歯菌がうつる子は席が他の菌に座られていて10席しか座ることができません。

同じ虫歯の菌がうつるにしても、早い段階の子は虫歯菌が席を200席占領している。遅い段階の子はたった10席のみしかありません。

どちらが虫歯になりやすいと思いますか?

~引用~

 

しかも定着した菌のバランスは基本的に一生かわらないらしい。

正直、ゾッとした。

これまでの娘との日々を一瞬ふりかえってしまった。

子どもの一生にかかわるとなると、めんどくさがっていてはいけないな。

まだまだ自分のこともままならないのに、子どものことも考えないといけない。

そうかぁ

こうゆうことの積み重ねか、親というのは。

 

しみじみと考えさせられた。

 

f:id:boofoo:20160125160935j:plain

 

前回記事はコチラをクリック

赤ちゃんは虫歯にならないの? - 君がいつか嫁ぐまで

 

虫歯菌についての参考サイト

2歳までが虫歯予防の効果を最大に発揮する? | 日本人の歯の寿命をのばす会